プロミス

プロミスの審査は厳しいって本当?急な出費に焦る私が選んだ会社とは

20代の男性です。割と大きめの会社で、SEをやっています。仕事は充実してはいるのですが、恥ずかしながら、最近の悩みは、彼女が長い間できないということなんです・・・。

就職して以来、学生の時のように色々な出会いもないし、毎日の残業続きで、休日は疲れきって家でほぼ寝ているような状態だし・・・。こんな状態では、恋人ができるわけはないですよね。もともと子どもが好きなので、結婚して子どもを育てたいという願望があるのですが、恋人ができなかったら結婚もできないですよね。これではいけない!と、日曜日にベッドの上で布団にくるまりながら、危機感を急に抱き始めました。

とはいっても、何から行動したらいいかわからないし、なにより出会いもないし・・・と、グズグズしていたのです。

と、そんな時に、ラッキーなことが起きました。なんと、同僚の誘いで、合コンに行くことになったのです。これはチャンス!カミサマは見放さなかった!と感激してしまいました。しかも、同僚が言うには、どんなコネクションなんだかわかりませんが、「有名女子大出身のお嬢様たちを集めたからな」と自慢してくるんです。

でも、友人の自慢も気にならないくらい、興奮してしまいました。お嬢様たちと合コンできるなんて、一生に一度のチャンスかもしれませんよね。これは気合いを入れなければ!と決意したのです。

気合をいれたのはいいのですが、先立つものが必要だということにすぐに気が付きました。やっぱり、好感度を上げるためにおしゃれもした方がいいですよね。僕の持っているスーツは仕事用の安物だし、お嬢様との合コンなんだから、ブランド品のひとつも持っていないとバカにされそうです。

なによりも、お店選びは大変ですよね。幹事は僕ではなく、誘ってくれた友人だったわけですが、それ相当のお店を綿密に選んでいるようでした。まさか居酒屋チェーン店というわけにもいかないですし、雰囲気のある個室系ですよね。いいお店は、やはり値段も高いわけです。男として、割り勘というわけにもいかないですよね。まあ、最近では、割り勘というのも当たり前みたいですけど、万が一の時のために、多めにお金を持っておく必要はあると思いました。

チャンスが、いきなりのピンチです!とつぜん決まった合コンなので、ちょうど合コンの日が僕の会社の給料日前なんですよね。実は、僕は新しいパソコンを買ったばかりだったので、今月はピンチなのです。せめて後5日くらい遅らせてもらえたらな・・・と思いましたが、仕方ありません。絶対に合コンで失敗するわけにはいきません。

考えた結果、消費者金融会社を検討することにしました。数年前に僕はとある消費者金融会社で借り入れをしたことがあったのですが、1回だけで使わなくなってしまったので、カードもハサミを入れて捨ててしまっていました。

ですから、新しい会社に申し込みしようと思ったのですが、なにぶん急な出費ですので、審査には絶対に通りたいのです。そこで、審査に通りやすい消費者金融会社を探しました。

借りるなら大手がいいかな、と思って、コマーシャルでもよく見るプロミスを調べてみました。ところが、困ったことに、審査が通りづらいという評判が出てきてしまったのです。

口コミでは、「プロミスは宣伝だけで、実際の審査は厳しい」というものがありました。審査に通らなかったら・・・と思うと不安です。でも、もっとプロミスのことを調べていたら、より詳細な情報を手に入れることができました。

それは、プロミスはきっちりした経営をしているので、あまりに借金がかさんでいるような人や、返す気持ちの薄いような人には貸さないという情報です。確かに、ブラック専門!のような感じで、お客さんを集めている消費者金融会社もある中で、プロミスは消費者金融会社の大手であり、より安心して借りて返せるというイメージが大事なのだと思いました。

審査が厳しめということは、それだけ顧客が守られているということですよね。お金を借りても返せない人にまで貸す消費者金融会社は、僕にとっては不安です。プロミスは、審査をすることで、より安心感を強めているのかな、と感じました。

他にもいろいろと検討した結果、キャンペーンが気に入ったカードローンがあったので、苦渋の選択ではありましたが、プロミスは今回は申し込みませんでした。

カードローンを利用したことで、合コンに行くためのスーツを購入できて、お店の支払いも余裕を持ってできました。そして、一人のタイプの女の子と連絡先を交換!今、より仲良しになれるように、メールをコツコツしているところです。カードローンがなければこの出会いもありませんでした。僕の生活に潤いをもたらしてくれたカードローンに本当に感謝です!

自己破産をする前に、サラ金を整理し使い方を改めるには?

自己破産、あまりいい言葉ではないでしょう。自己破産をビジネスの失敗によって起こすときには仕方ない部分もあるかもしれませんが、自分たちの好きなようにお金を借りて使ったから自己破産、というのであれば周りは納得しないでしょう。ちなみにサラ金から借りたお金であってもギャンブルのような使い方をして借金をふくらませてしまった場合、基本的には自己破産はできないようになっています。債務整理を行ってコツコツ返済していくしか無いのです。

さて、このような自己破産をする前にサラ金を綺麗に整理することが必要になります。債務整理という方法もありますが、これもある意味では自己破産と似ているので、金融事故扱いになってしまい、かなり長い間借入ができなくなってしまうので、自己破産と同等の扱いでいいと思います。それよりも前に、整理をする必要があります。

つまりサラ金を整理すること、一本化してまとめることが重要です。幾つもの借金をしているのであればまとめてしまえばかなり楽になります。またこのまとめローンの多くは、たいてい他の金利が高い消費者金融よりも低めに設定されているので、借り換えという方法も使えます。金利が高い消費者金融からまとめローンの金利に変われば、大きく利率を下げることができる場合が多いのです。そうすると、サラ金の返済がよりやりやすくなり、元金がどんどん減っていくことになります。

このように民間の知恵を利用していくだけでも十分サラ金を整理することができるのです。そうして整理していけば、元金がどんどん減っていき、ゴールが見えてくるようになるでしょう。そうなればかなり気持ちも楽になるはずです。そのようにサラ金を借りすぎて自己破産思想となる前に、整理を自分自身で行うことが現在の貸金業ではできるようになったのです。

必ず自分の身を綺麗にすることができますから、自己破産などを安易に考える前に、自分でできる整理方法を考えましょう。もし難しいなら、まとめローンを扱っている店舗で相談してみるのもいいかもしれません。いいアドバイスを受けることができるかもしれないので。

彼女に嫌われないようにお金を借りるための方法とは?

彼女からお金を借りるか消費者金融からお金を借りるか、どちらがいいのか困るところでしょう。よく彼女からお金を借りるヒモのような生活をしている人がいますが、非常に評判はよくありません。本人と彼女が満足しているのであればそれでいいとは思いますが、やはり周りからの目が気になるであるとか、彼女が本当は嫌がっているというのであれば、消費者金融などを利用するということも考えたほうがいいでしょう。

とはいえ、お金を借りるというのは親からでも友達からでも、また消費者金融からでも同じもので、彼女は嫌う場合が多いでしょう。ですからお金を借りる方法をしっかりと考えて置かなければ、嫌われて別れるということになっては大変です。借り入れをするときに重要な事はばれないこと、そしてばれたとしてもそれが問題ない利用の仕方だということが主張できることです。

まずばれないようにするためにはお金を借りていると出てくる書類などを見つからないようにしましょう。借入残高の明細書や督促状などは届いたらすぐに処分しましょう。また、色々な電話などは全て自分の携帯電話に来るようにするといいでしょう。そうするとまずばれることはありません。できればATMやパソコン、もしくはスマートフォンなどにそういった連絡はすべて来るように設定するといいかもしれません。

もう一つがばれたとしてもお金を借りる理由をしっかりと作っておけば問題ない、というものです。これは万が一ばれた時に「ギャンブルが…」などのような彼女が嫌う理由で借りないようにすることです。一番いいのは借金をして彼女のほしいものを買ってあげることでしょう。バッグや財布、アクセサリー等を買うために、足りない分を借りただけというように言い訳をするのが一番だと思います。もちろんそれでも怒る彼女もいるでしょうが、それはもう仕方ありません。

とにかくお金を借りるということは彼女からしないようにすることが一番ですから、消費者金融や銀行系カードローンを使うのが一番最初にやるべきことです。その後、ばれないための対策やばれた後にどういうふうに言い訳をするか、考えておくといいでしょう。

一般に言われる街金とは悪い存在ではなく消費者金融の一つだ

よくテレビドラマなどで出てくる街金という名前ですけれども、街金というのは基本的には正式名称ではないものです。街金とは単純に多くの人がそう呼んでいるだけで、消費者金融の一つなのです。消費者金融も名前がたくさんあるためにややこしくなっているのです。

例えば消費者金融という名前が一番今ではよく使われていますが、その別名として街金というのがあります。またサラ金というものも同じように使われていますし、法律上では貸金業者というのが正しいとされています。それ以外にもキャッシングやカードローンというものもありますし、どれが正しいというわけではありません。

ただ街金とは多くの人の認識であれば、小さな金融業者を指していると考えているのではないでしょうか。つまりCMや広告をたくさん出しているような消費者金融とは違って、街金は小さな駅の前にあるビルに事務所を出している、小さな業者だというわけです。貸出金額も10万円とか多くても30万円50万円が限界のところが多いのではないか?そういうイメージを持っているのではないかと思います。

確かに街金とはそういうもの、と言われても問題はないと思いますし、すでに同じ消費者金融でもそのようなイメージが付いてしまっているのかもしれません。加えてドラマや映画などの影響だと思いますが、街金はグレーな商売をしているというイメージも強いようです。つまり消費者金融のように法律を守って、ちゃんと上限金利を守って貸出をしているのではなく、トイチなどの高い金利をとったり、返済できない場合は砕石場などで働かせるというようなイメージが有るかもしれません。これらはドラマ用にかなり脚色されていますし、昔の街金のイメージといえるので、こういった業者は限りなく少なくなっています。

結果的に街金とは消費者金融と同じと考えてもいいのですが、おそらく今後も街金とは今のままのイメージが固定化されていくでしょう。いわく小さくて地方にある業者で、法律を守らない部分がある貸金業者というイメージです。いい悪いにかかわらず、このイメージを覆すのは難しそうです。

モビットのような大手は在籍確認をしないようになってきた

少し前に法律が改正されてからというもの、消費者金融の業界は大きく変わりました。法律が変わってからは小さな業者はどんどんと潰れていくか、どこかに身売りされていきました。そうして数が一気に減ったわけです。それでも残っている消費者金融はネットを中心として、できるだけコストをかけないで借入残高を増やす方向に進んだのです。現在はそこから銀行系カードローンが出てきて金利を引き下げる競争を行うようになったところまで進んでいる、といえるかもしれません。

色々と流れがある消費者金融や貸金業の世界ですが、今の流れとしては銀行系カードローンが作っているといえるでしょう。大手だからということと、使える場所が多いからということで人気になっています。そして銀行系カードローンの進出と最近で多いのがモビットのような在籍確認をしない業者が出てきたということです。

在籍確認というのは借り入れをしようと思って申し込んだ人が、ちゃんと会社に働いているかどうかを確認するもので、多くの人が基本的には嫌がっているものです。電話がかかってくるということがあまりない会社であるとか、そもそも電話を受けたりする営業ではない人間に電話がかかってきたら、それは怪しまれてしまいます。たとえ私用の電話であったとしてもです。であれば、モビットのように在籍確認のない業者を選ぼうとする人が徐々にではありますが増えている傾向にあるようです。

実際にモビットを使った時には電話による在籍確認というのは必要ないのですが、書類による在籍確認というものが必要になってきます。どういうことかというと、決まった書類をファックスなりコピーなりをして送るのです。たいていは給料明細を数カ月分、もしくは社会保険証を用意して送ると、それが在籍確認の代わりになるとされています。モビットが早く始めたこのサービスですが、大手消費者金融や銀行系カードローンの中にも真似をし始めるところが出てき始めました。

おそらく今後の一つの大きな流れになるのではないかと思われます。消費者金融が在籍確認をしないようになるとなれば、かなり画期的ではないでしょうか。

モビットのコールセンターはなにか困ったら頼るといい

何かと困ったら相談できる人がいると助かりますよね。法律問題で困ったときに相談できる弁護士がいれば、それは心強いです。税金で困った場合には税理士に相談すればいいですし、IT系でわからないことがあれば、パソコンを遠隔操作してくれる友人や専門の業者がいれば、非常に心強いといえるでしょう。

お金のことでも消費者金融のモビットは相談に乗ってくれるというか、モビットのわからないことについては全て答えてくれるという業者です。モビットほど丁寧にそれらを答えてくれる業者は他にはいないんじゃないかと思います。何よりもコールセンターがあるということで、コールセンターで全て解決することができるのです。モビットもそうですが、一般的にはネットに情報をすべて載せているので、ネットで完結させる業者が増えています。しかしモビットはネットからの利用もできるし、コールセンターからも対応をするようになっているのです。

例えばネットローンの申し込み方法がわからないという時には、モビットのコールセンターに電話をしながらパソコン画面を教えてもらいながら操作するということも可能です。また、スマートフォンでの操作がわからないという時もコールセンターに聞くこともできます。ATMの操作も聞くことができますし、非常に便利といえるでしょう。もちろん紛失などをした場合にも連絡先として使えるので、一つのコールセンターが何でもワンストップで用事を済ませることができるといえるでしょう。

コールセンターが充実しているというのも大手を使う一つの理由になるかと思います。モビットもそうですが、基本的にはそういった情報の充実にすごくお金をかけています。地方に密着した小さな消費者金融も確かによいかもしれませんが、このような借入に関して細かなフォローをしてくれるというところはなかなかありません。大手だからこそできる、このようなフォローはありがたいものです。

もしコールセンターをよく使う、もしくは電話で用件は済ませたいという人にとってはモビットは一番使えるかもしれません。ネットが苦手な人にもおすすめできる消費者金融でしょう。

有名業者であるアイフルの利息は高いのか安いのか?

消費者金融やサラ金、街金の金利というのはわかりにくいものです。銀行系カードローンもそうですが、幅があるものがほとんどです、場合によってはこの金利でまた違うときにはこの金利というように、幅が決まっているので非常にわかりにくいものです。ですから「この業者は利息が低いのだろうか?」と迷ってしまいがちです。

一応シミュレーションなどもできますから、それで消費者金融のホームページなどでシミュレーションするという方法もありますが、必ずしも金利がわかりやすいかというとそうなっていないところもあります。比較しやすいものが少ないためになんとも言えません。だから、大手であるアイフルなども本当は消費者金融として金利が安いのか高いのかわからない、というように言われるのです。

実際アイフルの利息というのは18%となっています。これは法律が定めている金利の上限と同じで、銀行系カードローンの平均よりも高めになっています。ですが、アイフルの場合の18%と言うのは借入金額が10万円くらいの時になっています。実際に借りると、借入枠が10万円という人は少ないですし、さらに枠を大きくしてもらえる可能性もあります。そうなると、金利が変わっていくのです。

特に借入金額が大きくなったり、長くアイフルを使っているからということで利息を安くしてくれたり、時期によっては特別な利息を適用するということもあります。この辺りは業者のさじ加減ひとつになっているのでアイフルに登録している人だけにしかわかりません。この時の金利は低くなりがちなので、上限いっぱいの金利ではなくなり金利が安いと言われることになるでしょう。

このように高いか低いか?と一概に聞かれてもわからないのがアイフルなのです。ちなみにアイフル以外の業者も利息についてはわかりにくくなっていますから、実際に借りて使ってみて初めて分かる部分も大きいのではないかと思います。書いてある利息だけを信用すると銀行系カードローンのほうが低く、大手のほうが金利支払いは楽な気がしますが、実際に使ってみるとまた違った面が見えてくるかもしれません。

債務整理は借入の返済ができなくなった場合の最後の手段だ

借入をするときに考えなければならないのが最悪のパターンです。アメリカでは結婚をするときにはすでに離婚のことも考えて、離婚後にはどのような財産分与をするかという契約をすると言われています。そのくらい契約をするときには最悪のパターンも考えた上で行うべき、というのがアメリカほどの契約社会では当たり前になっているのでしょう。日本もアメリカほどとは言わないまでも、ある程度は契約をするのであればその時の最悪のパターンも考えておいたほうがいいのかもしれません。

借入をするときの最悪のパターンといえば、やはり一番は債務整理でしょう。自己破産も含め、債務整理をしてしまうことになればかなり大変なことになります。自己破産でも債務整理でもその後の信用情報には金融事故を起こしたことが書かれてしまいますから、それからと言うもの借り入れをするためにはすごく時間がかかってしまいます。何年もの間を開けなければ新規の申し込みができないのですからこれは困ります。「借金なんてもうしない!」と思っている人でも問題は多く、特にクレジットカードが使えないというのは厳しいでしょう。金融事故として残る債務整理というのはすごく大変だというわけです。

だからこそこの債務整理をできるだけ避けるというのが借入の時には絶対条件です。債務整理を避けるためには計画的な借入が必要になります。借り過ぎは絶対に駄目ですし、借りる場所なども計画をしなければなりません。どこでも借りていいならば金利の高いところになってしまうので、できるだけ金利が低いところを探します。かつ支払い条件が自分にあっているところにしましょう。支払いを月々行うにしても、それが自分のできる範囲かどうか、そして支払いが少なすぎて長引かないかという点も考えておいたほうがいいと思います。

以上のように債務整理を避けるときには計画的な借入というのが必須になってくるというわけです。数年間もクレジットカードやカードローンが使えなくなるよりも、ちょっと面倒かもしれませんが最初のうちに計画を立てておくだけで金融事故を避けられるんですから、マシではないかと思います。

カードローンは繰り上げ返済をしないという選択肢もある

「カードローンで借りているお金を繰り上げ返済」「住宅ローンも早めに繰り上げ返済してしまえば、その後は余ったお金で貯金できるから楽だよね」というように、何でも日本人は繰り上げ返済をしてしまえば良いというように考えているようです。確かに繰り上げ返済はいいものです。それで返済の期間を短くすることができますし、そうなれば支払い金利自体も減らすことができるのですから。

しかし支払いの金利を減らすことができたとしても、繰り上げ返済というのは必ずしもプラスに働くわけではありません。使い方を間違えると自分が苦しくなる可能性もあるので、マイナスに動くこともあるということをわかった上で、繰り上げ返済は行っていくべきです。カードローンも住宅ローンも同じようにです。

この繰り上げ返済、無理をして行うものではありません。例えばいつもよりもお金があるからということで、無理して繰り上げ返済をしてしまうと、その後に急に給料が減ってしまうであるとか、収入が減ってしまうということもあります。そうなると余裕がなければまた苦しい生活になってしまうので、余裕のある資金で必ず行わなければならないのです。でなければ自分が苦しくなるでしょう。

また、カードローンではほとんどないのであまり心配はないのですが、住宅ローンの場合は繰り上げ返済によって手数料の支払いが必要になるということも覚えておかねばなりません。手数料の支払いのほうがたいていは金利よりも低くなっているとはいえ、繰り上げ返済をする程でもないというような場合もありますから、住宅ローンの場合は特に気をつけるようにして下さい。カードローンの場合は金利支払いはありますが、特別何かしらの手数料が取られる心配はないでしょう。

というように繰り上げ返済というのは無理に行ってしまうと、自分の生活すらも大変になってしまうということもあれば、手数料が今後の金利支払いと変わらないほど取られてしまうこともあるのです。必ずしもプラスになるわけではないので、プラスかどうかというのをしっかりと見極めてから利用をするのが得策でしょう。

プロミスのローンカード紛失後は素早く連絡すべし!

ローンカード紛失については危険であるというのはよくわかっていると思います。ローンカード紛失がなぜ危険か、そして出来る限り早く連絡をしなければならないという理由がちゃんとあります。「暗証番号もあるから大丈夫。ネットローンだってパスワードがあるんだから絶対にログインしてお金を取っていくことはできない」と考えているかもしれませんが、最近の詐欺集団や、その他の方法というのはすごく優れているのです。

例えばですが、暗証番号があったとしてもそのカードを使える状態にしておくと、いつかは暗証番号が解読される恐れもあります。最近ではパソコンも非常に高性能になってきていますから、パソコンソフトで暗証番号を解読しようとする人も出てきています。そしてカードを複製してしまって、元のカードは返却したとしても複製したカードを使ってお金を借りるというようなことも可能なのです。

だからこそ早めにカード紛失をした場合には連絡をしないといけないのです。プロミスについてはお問い合せ窓口がありますから、プロミスのカード紛失におけるお問い合せ窓口に連絡することで、すぐにそのカードの利用を止めてくれます。利用できなくなれば、例え犯罪者が複製したカードを持っていたとしても、そして暗証番号を解読したとしてもそれは使えなくなるので犯罪に利用されなくなるということです。ひったくりやスリなどにあった場合には特にスピーディーに連絡をしなければなりません。カード紛失以上に悪さをしようと考える人達が多いのですから、プロミスの窓口に連絡をしましょう。

プロミスの場合はこういった窓口がありますし、その他にも有名な消費者金融であればカード紛失からの対応はスピーディーです。ただ、スピーディーな対応ができないところも中には存在します。中小のカードローン業者などにはそういったところもありますから、そのような業者の場合、すこしカード紛失から悪用されて被害を受けるまでの確率というのが高くなる可能性があるということは覚悟しておいたほうがいいでしょう。できるだけ早く、それが一番重要です。

学生でも社会人でもバイクの購入は現金ローンのほうが使いやすい

学生の場合はなかなか社会的な信用もないということもあって、大学生になったとしても社会人よりは色々と制約があるものです。アルバイトも慣れるものとなれないものがまだまだありますし、金融系では銀行系のカードローンを作るのが難しかったりします。社会人になると、作りやすくなるわけでかなりの信用度に差があるなと思いますが、実際に大学生でも社会人でも変わらないものというのもじつはあります。

関係しているところではバイクがあります。バイクというのは普通サイズのもので数十万円しますから、一括で購入する人は少ないかと思います。そこで一般的にはローンを組むわけですが、ここで少しややこしいことが発生します。バイクや原付きなどはクレジットカードのローンで組むときなどほとんどの店舗で手数料を負担させられるのです。普通のお店で使えばクレジットカードのローン払いでも、基本的には手数料は支払わなくて良くなっています。その後の金利は払うにしても、手数料を払うことはないでしょう。しかしバイクや原付きの場合は払うことが多くなるのです。

これは学生も社会人も変わらないものなので、バイクを購入するときにはクレジットカードのローンを使わないようにした方がいいかもしれません。それ以外にも自動車ローンを適用することができる場合もありますから、消費者金融や銀行系カードローンなど、自分が使えるものの中から一番金利が安くて使いやすいものを使ってバイクのローンにしてしまうのがいいでしょう。

バイクをローンで買うのは社会人だろうが学生だろうが基本的には同じですが、クレジットカードでは手数料を取られるので注意をしましょう。たまに大手のバイクショップでは手数料負担をしてくれるところもありますので、そちらで購入するという方法もいいかもしれません。どちらにせよ、こういった条件については大学生だからとか社会人だからということはありません。バイクほど誰にとっても平等なものはないのかもしれません。だから若い人たちが早くほしがって、車よりも先に乗って遠くへ行きたいと憧れる商品なのかもしれませんね…